別荘におけるごみ処理

###Site Name###

別荘を長期にわたって使用する場合、考えなければならないのが、ごみの処理をどうするのかということです。

家庭ごみの収集は廃棄物処理法による自治体の責務であり、一般住民であれば、自治会をつくり、そのなかでごみ集積所を設置、運営していますので、自治体から委託を受けたごみ収集業者がパッカー車で定期的に巡回収集しています。

ところが、別荘から排出されたごみについては、多くの自治体では、レジャー施設などと同じく事業系ごみという扱いで、その敷地を管理している管理業者などが個別に処理すべきものと解釈し、ごみの巡回収集に応じることはまずありません。

厳選した軽井沢の別荘の情報をまとめました。

そこで、別荘のごみは基本的には持ち帰り処理となりますが、長期に滞在するとなれば、それも難しいといわざるをえません。もっとも簡単なのは、管理会社に委託して収集してもらうことで、分譲地によっては現地管理事務所の脇などに共同回収のごみ集積所があり、年間の管理料金を支払えば、そこにごみを出しておくだけで、勝手に回収してもらえますので、たいへん便利といえます。他の方法としては、地元の自治会に加入してごみ集積所へのごみ出しを認めてもらうことですが、掃除当番や自治会費の納付、周囲との人間関係などもあり、一筋縄ではいかないことでしょう。

定住しているのであれば、自治体の清掃センターに自家用車などで直接搬入するという方法に限って認めているケースもあるようです。

軽井沢の土地サイトを見つけることができました。

また、北杜市や鳴沢村など一部の自治体では、日時を限って別荘所有者からのごみ出しを役場庁舎で受け入れたり、一定以上の定住者がある別荘地でのごみ集積所の設置を認めたりしていますが、現在のころは少数派です。